トップ

住人の家賃滞納をなくす

家賃滞納を防ぐには?

家賃滞納を未然に防ぐため

賃貸経営を行うと、入居者と様々なトラブルに遭遇することがあります。
代表的な困った入居者は、家賃を払わない入居者です。
飲食店で無銭飲食を行えば、即刻犯罪となります。

通報すれば、警察も協力して捕まえてくれます。しかし、不動産の賃貸借家の場合、借地借家法で借家人が守られているため、すぐに警察が入居者を捕まえるというようなことはありません。

そのため、家賃滞納が発生した場合、オーナーとしてどのように対処していいのか分からない人も多いことでしょう。

そこで、家賃滞納者への対処方法がわからない人に向けて対処方法を紹介いたします。賃貸経営で悩みを抱えている人は解決のヒントにしてください。

家賃滞納も対処するよりも、未然に防ぐことの方が大切です。
家賃滞納を未然に防ぐ方法は入居審査をしっかり行うことです。家賃滞納者に悩まされている人は入居審査を管理会社に任せっきりにしていませんか?

そのような場合は、審査項目を見直すことも必要でしょう。

入居審査としては、特に年収の確認が重要となります。
家賃は月収の3分の1が理想と言われていますが、なかなかそこまで高い年収を得ている人は少ないのも事実です。少なくとも家賃の倍+α程度の年収が必要でしょう。

また連帯保証人を立てる場合は、連帯保証人の年収も確認しておくことも望ましいです。

年収まで確認できなくとも、本人とどういう関係にあるかは最低限、知っておく必要があります。

連帯保証人には迷惑をかけたくないという精神的なプレッシャーがかかることが、家賃滞納の防止に繋がります。最近では、連帯保証人ではなく、家賃保証会社をつけるケースも増えてきました。家賃保証会社の活用も有効ですので、検討してみるのも良いでしょう。