トップ / 家賃滞納者への最終手段

住人の家賃滞納をなくす

家賃滞納者への最終手段

家賃を回収するための最終手段

賃貸経営において、誰しも裁判まで行うことは避けたいところでしょう。
しかし、悪質な家賃滞納者には、裁判も持さない覚悟が必要です。そのため裁判解決の知識を知ることは無駄ではありません。今回は家賃滞納者に対する最終手段である法的手段についてお話いたします。

法的手段を行うに当たっては、まずは入居者に何を求めるかを考える必要があります。
一つは滞納された家賃の回収か、若しくは入居者の退去です。

回収に関しては、「少額訴訟」という特別な訴訟手続を用いることもあります。
少額訴訟は一回の期日で訴訟手続が終結するというメリットがあり、通常訴訟よりもはるかに簡易で迅速な訴訟手続が可能となります。

但し、60万円以下の金銭の支払を求める場合に限られます。少額訴訟の判決や和解調書によって、財産差し押さえなどの強制執行することが可能となります。

しかしながら、いくら訴訟で勝ったとしてもお金のない人から回収をするのは困難ということは知っておきましょう。

家賃滞納者からの回収は困難であるということもあり、通常は民事訴訟によって明け渡しを求めます。

現実的には回収を求めるよりは、家賃滞納者を退去させ、支払い能力のある新しい入居者を入れる方が賢明です。一般的には3ヶ月以上の家賃滞納で信頼関係の破壊があったと見なされ、退去を申し出ることが可能となります

。明け渡しの判決が出た場合には、強制執行を行うことが可能になります。
まず執行官が物件に出向き、1ヶ月以内に退去するよう告知します。
執行官の催告した日までに退去しなければ、再び執行官が現場に出向き、家の中からすべての荷物を運び出すという流れです。

いずれにしても裁判までもつれると時間がかかります。このようなトラブルは、少なくありません。入居者の審査項目を見直し、未然に防ぐことが賃貸経営において、家最も効果的と言えるでしょう。