トップ / 一時的に遅れてしまう場合

住人の家賃滞納をなくす

一時的に遅れてしまう場合

一週間程度の遅れに対する対処法

賃貸経営を行っている中、一口に家賃滞納と言っても、その状態は様々です。
【1】一時的に遅れてしまう場合
【2】払う気が感じられない場合
【3】法的措置も必要とする場合

以上のように3段階程度のレベルに分けられます。
今回は一番症状の軽い【1】一時的に遅れてしまう場合の対処方法について紹介いたします。

通常、賃貸借契約書の中には「○ヶ月以上賃料を滞納したら賃貸借契約を解除する」という解除条項が記載されています。

ですが、入居者1回くらい家賃を滞納しても、敷金を数か月分支払っているため、家賃に充当され追い出されることはないという仕組みになっています。

しかしながら、たった1回の家賃滞納を見逃してしまうことは、賃貸経営をする上で良くありません。短期間で合っても家賃滞納をするような入居者は常習化する可能性が有ります。

うっかり家賃を滞納する人は、「金を落とした」、「取引先が倒産した」、「詐欺にあった」、「家賃の期日を忘れた」などの共通の言い訳をします。

その言い訳を信用して放置するとエスカレートしていく可能性もあるため、早めに対処することが重要です。

家賃滞納者は、別に借金をしているケースも多いため、家賃滞納が発生した時点で、スピーディーに通知をすることが重要になります。何よりも入居者に、家賃を滞納すると大家がうるさいと思われることが、次回以降の予防に繋がるのです。

また書面による督促をしておくことも必要です。督促状などは、フォーマットを用意しておくのが賢明です。滞納が発生したら、電話で確認し、同時に書面を送る旨を伝えて、入居者にプレッシャーを与えましょう。いずれにしても、早めの対応がポイントです。